テクニック

テクニック · 2019/05/03
剣道では、試合の主導権を取る、つまり流れを制することを「先(せん)をかける」と言います。 偉い先生でも、「先」と聞くと攻撃のタイミングのように思っている方は少なくないようです。...
テクニック · 2019/05/02
地元で長年お世話になっている先生(剣道歴50年)があるとき、こんな話をしていました。 「長年剣道をしているが極意みたいなものがあるとすれば、それは間合いかもしれない。間合いを見切れれば相手の剣が当たるじょともないんだから、切られることはない」 確かに、と思いました。宮本武蔵は、額に米粒を貼り付けてコメだけ切らせることができたとか。...
テクニック · 2019/04/29
趣味で剣道をしていますが、営業と相通じるところが多くあります。礼儀や所作などが営業でも活かされるというのはよくあることですが、剣道のいろいろな知識や教えなどで普段の生活や仕事の活かされるなと思うことを書いてみようかと。 第一弾は、「三つの許さぬところ」。...
テクニック · 2019/04/24
面談の時間を少なくとも1時間はとってほしい。 せっかくのアポイントでしっかり話を聞いてほしい。 面談時に、他の人にも同席してほしい。 営業をしているとよくある場面です。もちろん直接的に、 「1時間ほどお時間いただきます。」 「是非しっかり話をお聞きください。」 「他の方も同席いただきたいんです」とお願いすることもできます。...
テクニック · 2019/03/13
初めからうがった質問は警戒心を持たせるだけです。
テクニック · 2019/02/28
できる営業といわれるひとは、次の3つを恒常的に伸ばし(高め)ていける人だと言われます。 ・顧客の質 ・目標到達時間 ・目標到達意欲 いくら一時的に売上が上がっても、「顧客の質」が良くないと、後フォローなどに手間がかかって身動きが取れなくなることがよくあります。...
テクニック · 2019/02/21
お金を失うことは小さな損失。 信用を失うことは大きな損失。 自信を失うことは全てを失う。 どうすれば自信を持つことができるのでしょう。自信を持つためには、励まされることが効果的です。自分でいくら頑張っても、周囲からの励ましにはかないません。 では、励まされるにはどうするか?...
テクニック · 2019/02/05
営業商談ではいきなり本題に入るのではなく 「営業本編に直接関係しなくても相手の緊張をほぐすための雑談」をするの定石のようになっています。...
テクニック · 2019/01/20
「信頼関係」と言う言葉をよく耳にします。 社是や社訓などにも登場することがよくあります。営業で言うところの信頼関係とはどんなことを言うのでしょうか。 心理学などでは、「信頼」と「信用」と言う話が出てきます。...
テクニック · 2019/01/19
ヒアリングで押さえるべきは、相手の「課題」や「要望」。こういう話をすると、経験値が少ない営業の人なんかは、 いきなり「何かお困りごとはありませんか?」と始めてしまいます。 いきなり困りごとはないかと聞かれても、相手は答えられません。それどころか、その後の商談もうまくいきません。...

さらに表示する