· 

営業の「本質的」役割とは?

営業の役割と言えば…

  • アポイントをとる
  • 訪問商談する
  • 商品を説明する
  • 相手のニーズをヒアリングする
  • 提案する
  • 提案書つくる
  • 受注処理をする
  • アフターフォローをする

様々な仕事がある中で、「本質的」な役割と言えば何でしょう?

 

営業の本質的な役割を考えると、一つは『目標達成』と言えます。

あらかじめ決められた目標や計画を確実に遂行することが求められます。

ビジネスの基本は”有言実行”、言ったことを確実に行うことになります。目標達成と未達成は期間が終わればはっきりとわかるので勝敗がわかりやすい。営業が厳しい世界と言われる理由の一つです。

 

とは言いながら、「目標達成」はある意味、結果論です。営業に対して正しい思いと行動を継続した結果として受け入れていただけるお客様が増え、結果的に売り上げが上がる、という流れができます。目標達成が本質的役割でありながら、「何を大事にするか」がポイントになります。

 

営業とは、

「お客様の課題のよき理解者・相談者になること」そして「お客様と成長の感動を共有すること」です。

 

営業場面では「ありがとう」という場面が多くあると思いますが、意識したいところとしては「ありがとう」と言われるような行動をとるようにしましょう。

どうすれば相手が喜ぶのかを真剣に考え、出来る限りの事をしようとする姿勢は必ず相手に伝わります。