· 

バイヤーズリモース 購買者の後悔

営業活動の中で、受注の瞬間ほ誰でも嬉しいもの。

しかしここで必ず付いてくるのが「バイヤーズリモース」です。

購入を決めた後、例外なく必ず、他の選択肢の方が良かったのではないか?と考えます。

 

さんざん悩んで、迷って、十分吟味して行った意思決定も、例外ではありません。

多くの営業がここで焦ってしまいます。その結果、余計な説明や説得が始まり、相手をさらに迷わせてしまいます。その結果としてキャンセルや契約内容の見直しとなり、もう一度商談やり直しということも少なくありません。

 

もう一度言いますが、バイヤーズリモースは例外なく必ず発生するものです。慌てる必要はありません。

一戸建てを買った人は必ずマンションも良かったのでは?と思いますし、逆も然りで、マンション購入者は一戸建てという選択肢を考えます。そこでは、説明や説得ではなく、相手の選択肢が間違いないことを共感することが大事です。

 

繰り返しになりますが、バイヤーズリモースは必ず発生するもので、説明や説得ではなく、教官が大事という意識を持つようにしましょう。